鉄道運転方式

このページは鉄道(トロッコ)の運転方式について解説します。

運転方式とは

通常のMinecraftでは発車したり低速移動や、回路などで制御したり出来ますが、
電鯖では3つの運転方式があり自分で運転することが出来ます。
自動運転の区間であれば「自動運転区間」などと言います。
  • 自動運転 - 通常のMinecraftと同じ方式
  • 手動運転 - 電鯖の独自開発により導入された方式。DSPで制御されている。
  • 半自動運転 - 自動運転と手動運転を効率よく合体させた方式。最適な運転方法。

自動運転

通常のMinecraftと同じ方式。パワードレールを利用してトロッコを加減速する。
デメリット: 各駅停車になってしまい、種別を分けるには快速線などを作らなければいけない

手動運転

電鯖の独自開発により導入された方式。DSPで制御されている。
メリット1: 自動運転でのデメリットが解消され、途中駅を通過して目的地まで一気に行ける
メリット2: パワードレールを使用しない
運転方法: 左クリックで減速(連打)、右クリックで加速(ブロックを連打)
デメリット1: 加減速は1回の動作に0.05DPを消費する(仕様)
デメリット2: 常に速度を制御しなければ速度が落ちてしまう

半自動運転

自動運転のメリットと手動運転のメリットを合成したもの
駅は手動運転、それ以外は自動運転となっている。
メリット1: 通過したい駅は何もしなくても通過できる
メリット2: 速度の制御が基本的に不要

  • 最終更新:2016-02-16 09:47:39

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード