中央臨海鉄道第二建設法

中央臨海鉄道第二建設法

中央臨海鉄道第二建設法とは外観の向上を目的として2013年11月26日から利用された建設法である。
これは中央臨海鉄道での建設法であり他社が考え、利用するものではない。
この建設法は中央臨海鉄道第一建設法の改良であり外観の向上を目的として、
1階分の室内の高さを3マスから4マスに変更したものである。

  • 最終更新:2014-05-21 23:42:48

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード